医師と会話ができる内視鏡検査(胃カメラ)があることをご存知でしたか?
モニター画面で患者様自身にも胃の中を見て頂きながら検査をしています。

今まで、胃内視鏡検査はつらい・苦しい検査…というイメージがありましたが…。

胃内視鏡検査はつらい・苦しい検査…というイメージがあります。胃内視鏡検査と聞くだけで「もう二度と受けたくない」という方も少なくないことでしょう。通常の胃内視鏡検査では、検査中に内視鏡が舌の付け根に触れることで「オエッ」となる反射を起こすことがしばしばみられます。こやま内科・胃腸科クリニックで採用している経鼻的内視鏡検査(以下、経鼻内視鏡)は、簡単に言えば、鼻から挿入する胃カメラです。鼻から鼻腔を通って食道に入って行くため、内視鏡が舌の付け根に触れないので「オエッ」となる反射を起こすことがほとんどありません。経鼻内視鏡は、嘔吐感を取り除くことで検査時の苦痛を大きく軽減しました。検査前には鼻に麻酔を行いますので、挿入時の痛みもほとんどありません。また、経鼻的検査のメリットとして検査中の会話が可能であることが挙げられます。検査中は普通に会話が出来ますので、画面を見ながら、説明を受け、質問することもできます。この会話により緊張していた患者様も徐々にリラックスしていき、信頼関係も生まれ安全な検査が可能となります。


こやま内科・胃腸科クリニック 〒970-8026 福島県いわき市平愛谷町4-5-3  TEL.0246(35)0890   FAX.0246(35)0891